交通事故で残った後遺障害、等級取得のためにはどうすればいい?

後遺障害の認定のための等級取得について解説しています

後遺障害等級認定の手続きをする

等級認定等級認定には大きく分けて2種類あり、被害者自身が申請手続きを行う方法と、相手方の保険会社に申請手続きを任せる方法があります。どちらの方法でも構いませんが、交通事故で負った怪我の治療やリハビリなどをしっかり行って、検査を継続することが重要です。継続的に治療をする姿勢を見せることで初めて医師から「症状固定」の診断を受けるところから等級認定の具体的な手続きがスタートします。

相手方の保険会社に申請手続きを任せる方法の場合は、後遺障害診断書を任意の保険会社に提出するだけです。その他の資料は任意保険会社が収集してくれます。被害者自身が申請手続きを行う方法の場合、具体的な後遺障害の趣旨を記帳した後遺障害診断書を、医師に作成してもらわなければいけません。自分の怪我の度合いを証明するために、レントゲンの画像等の必要書類を個人で準備しなければいけません。

等級認定の審査に関わる書類を自分で準備したら、自賠責保険会社や損害保険料率算出機構に対して書類を送付します。もし自分自身で手続きをすることが難しいと感じたら、弁護士に相談するようにしてください。そうすることで手続きをスムーズに進めることができるようになります。

Previous

Next

Top