交通事故で残った後遺障害、等級取得のためにはどうすればいい?

後遺障害の認定のための等級取得について解説しています

日別: 2017年11月4日

後遺障害等級認定

交通事故で負ってしまった事故は思ったように完治しないことも多く、被害者も精神的な苦痛を感じるだけでなく、治療費や病院に行くための交通費なども自分で払っていかなければいけないので、後遺障害の認定という制度をうまく活用して、後遺障害に対する損害賠償をしっかりもらうことが大切で、損害賠償をもらうためにしっかりと手続きをすることが重要になってきます。

後遺障害後遺障害は交通事故で負った怪我など、一定の合理的な治療を受けても、なお残存する様々な症状で事故が原因と認められる不具合が長期的に残遺している状態と認定されて、初めて後遺障害の損害賠償を請求することができます。後遺障害には等級があり、怪我や病気の症状に応じて等級が変わってきます。しっかり治療しても様々な機能障害が残ってしまうことを医学的に認められて、普段の生活に戻ったときに労働能力が一定程度喪失してしまったと、判断されて始めて後遺障害と認められます。

後遺障害は「後遺障害等級認定」が必要です。後遺障害等級認定とは交通事故で負ってしまった後遺障害の、怪我や病気などに応じて認定する等級のことで、細かく分類されているので、損害保険料率算出機構が怪我や病気の症状を判断しながら、等級を決定しています。

交通事故によって負った怪我や病気の障害が何級に認定されるかは、後遺障害等級表に従って決まりますが、認定の結果に納得できない場合は弁護士に相談することもできます。当サイトでは後遺障害の認定のための等級取得について解説していきます。

Top